アンドロイド ロボット サイボーグ 無限の可能性 人工生命体 人造人間

Androidアプリを使ってアニメ、キャラクター、美少女、特撮、映画、ゲーム、芸能人といったような、ねんどろいど フィギュアでストップモーション動画を作る方法

初音ミクは、クリプトン フューチャー メディアから発売されている音声合成 デスクトップミュージック DTM 用のボーカル音源、キャラクターで、年齢16歳、身長158cm、体重42kgの少女のバーチャルアイドルです

動画見放題ch ライトは、映画やドラマをはじめ、人気アイドルイメージやバラエティなど様々なジャンルの中から厳選した5,000本以上の人気作品を月額550円で見放題の動画配信サービスです。

動画配信サイト特集

エンタメイベント情報

アンドロイドとは

アンドロイド ロボットです。アンドロイドは、人間にとって身近で親しみのあるロボットであり、無限の可能性があります。

ロボットは近年、さまざまなものが開発され、私たちの暮らしには欠かせない存在となっています。ロボットの中には、産業用ロボット、コミュニケーションロボットとよばれるロボットがあります。産業用ロボットは、特定の作業に特化した形でつくられ、人間の体の一部を模したような形、機能をもったものもあります。コミュニケーションロボットは、動作や会話によって、人とのコミュニケーションをするロボットです。

アンドロイドという言葉は、andro 男性と oid もどき、を合わせた造語ですが、一般的に女性型も含めて人間そっくりのロボットという意味で使われています。

ヒューマノイドとは

ヒューマノイドロボットは、人体に似せた体型のロボットです。設計は、人間のツールや環境との相互作用などの機能的な目的、二足歩行の研究などの実験的な目的、またはその他の目的のためのものである場合があります。
ヒューマノイドとは人に似ているが人でないものを意味します。最近ではヒューマノイドタイプの産業用ロボットも活躍し始めています。 そしてアンドロイドとは、動きや外観が人と見分けがつかないほど精巧に作られたヒューマノイドをさします。

人間の代わりに活躍するロボット

ヒューマノイド ロボットが活躍する分野として期待されているものは、災害現場への派遣です。生身の人間が立ち入ることが困難な状況にある災害現場にロボットを向かわせて、現地調査や人命救助に活用する手法が検討されています。災害現場では、階段やハシゴなど人間が利用することを前提にした構造の建造物に入らなければならない場合も多いため、人間型であることが利点です。
災害時には対応すべきことが多く、何か一つの用途に特化したロボットよりも、ヒューマノイド ロボットの方がさまざまな問題を柔軟に対処できます。

ロボットが人間のよきパートナー

これからの高齢化社会に向けて、ヒューマノイド ロボットが社会のなかでさまざまな役割を担うようになることも期待されます。高齢者を介護するロボットや、不足する労働力を補うロボットなどが登場すれば、人間のよきパートナーとなるでしょう。社会がロボットをより受け入れやすくなるような施策を進めていけば、将来、人間とロボットとの新しい関係が生まれていきます。

人造人間とは

人造人間は、人型ロボットなど人間を模した機械や人工生命体の総称でSFフィクション作品、漫画、映画、小説などで取り扱われることが多いです。
人造人間という語が広まる以前からは人造の人間、自然な状態で生まれるのではなく、作り出されたものという概念は存在し、実在するものとしてのロボットのような人造人間は今のところ実現していないが、伝説上の存在や架空の存在としての人造の人間は古くから語られ、また作品として創作されていきます。それらの多くは人造人間という呼ばれています。

人工知能 AI とは

人工知能 AI とは、人間の知的ふるまいの一部をソフトウェアを用いて人工的に再現したものです。経験から学び、新たな入力に順応することで、人間が行うように柔軟にタスクを実行します。ゲームをプレイするコンピューターから自動運転車まで、最近耳にするAIの事例のほとんどは、ディープ ラーニングと自然言語処理に大きく依存しています。これらのテクノロジーを応用すると、大量のデータからパターンを認識させることで仕事、生活における様々な難しいタスクをこなせるようにコンピューターをトレーニングすることができます。

サイボーグとは

サイボーグは、サイバネティック オーガニズムの略で、広義の意味では生命体と自動制御系の技術を融合させたものです。具体例として、人工臓器などの人工物を身体に埋め込むなど、身体の機能を電子機器をはじめとした人工物に代替させたものがあります。

小説や映画では、人間の姿形によく似せたヒト型ロボットであるヒューマノイド男性形アンドロイド、女性形ガイノイドとの区別が曖昧であったり、混同されている場合が多いです。例として映画ロボコップの主人公ロボコップは人間をベースに改造したため、アンドロイドではなくサイボーグであり、逆に映画ターミネーターに登場するターミネーターは、生体部品として人間の皮膚組織を持つ機種もあるが、元となるのは強化金属製のロボットであり、またそのロボットの骨組みの上に人間の皮膚等の生体組織を移植したものであるため、サイボーグではなくアンドロイドに分類されます。

現実のサイボーグ技術

人間強化

現在、サイボーグ技術と呼ぶことができて、程度の差こそあれ実用化に達しているものには、ペースメーカー、人工心臓、筋電義手、筋電義足、人工皮膚、人工内耳、人工眼、眼球、網膜、視神経の代替などが挙げられます。

近年、この分野はめざましい発展を遂げていて、従来SFの中でしか語られて来なかった各種のサイボーグ技術が現実の物となりつつあります。筋電の信号を読み取ることで義手を使用者の意のままに動かしたり、義手に取り付けた圧力センサの情報を逆に神経へ送り返して感覚を取り戻したりする筋電義手は、すでに実用段階に入っています。

また、脳へ直接電極を差し込み、聴覚 視覚の情報を直接脳へ送り込んだり、脳へ部分的に電気刺激を送りパーキンソン病等の症状を和らげたり、うつ病を治療したりする技術、脳深部刺激療法も発達しつつあります。

医療目的

主に、失われた四肢や臓器、感覚器の機能を代替回復させるために用いられます。代表的なものには、義肢や人工関節のほか、人工臓器である人工内耳、人工網膜、人工腎臓、人工心臓などが挙げられます。手足の震えを和らげたり、うつ病の治療に用いられる脳深部刺激療法もこれに含まれます。人工臓器のうち、古くからあるものには義歯や眼鏡のような単純な器具もあるが、サイボーグの場合は何らかの機構を持つ部品を人体に取り付けるという意味合いから、単なる器物ある義歯、眼鏡などはサイボーグの範疇からは外される。

機能強化目的

健常者に用い、人間本来の機能を強化するために用いられる。代表的な物には、パワードスーツ 人工外骨格、追加四肢 3本目、4本目の手足、追加感覚器、より鋭敏な感覚が得られたり、後方や遠隔地の情報が得られる目鼻など。

機能追加を目的とする埋め込み型の機器に関しては、RFIDに代表されるID機能、カルテ、クレジットカードなどの無線通信機能を持ったカプセル状機器の埋め込みが実際に行われているが、さらにブレイン マシン インタフェースのような、現在は道具を手などで操作しているものを直接的に身体の一部のように扱えるようにするなどの利便性を高めるものまでもが想定され、一部には以下に述べる非侵襲型のインターフェイスを備えた装置も開発 利用されています。

非侵襲型

人体の外部に取り付けて動作するタイプ。取り外し可能な義手や義足、パワードスーツなど。侵襲型のような危険性がないため、比較的実用化しやすく、倫理面での問題もクリアしやすい。

侵襲型

人体の内部に埋め込まれて動作するタイプ。人工心臓やペースメーカー、人工眼球、人工内耳、脳深部刺激療法など。これらのタイプは、故障や誤動作の際に使用者に危険が及ばないように、十分な対策を取る必要がある。このタイプのものをインプラントと呼ぶことがある[7]。装置の接続のために人為的に人体を傷つけるため、感染や拒絶反応を起こす危険があり、技術的課題や倫理的問題が多い。

危険性や倫理上の問題

組織生体工学の発達により、生体の失った、あるいは弱体化した機能を補完するために、身体に機械を組み込んだ人間は今後とも増えるとみられるが、これはさまざまな危険性を抱えています。生体内の異物は感染のリスクが高く、一度感染すると重症化しやすく治癒しにくい。さらに、機械には自己修復性がなく、故障時は致命的事態になりかねないなどの問題があるからです。

また、脳刺激療法では患者の本来の性格を変えてしまいかねないという倫理的問題もある。素材そのものに対する危険性も否定できない。現段階では体内インプラントRFIDチップに発ガンの危険性が指摘されています。

これらの技術は人間の尊厳を犯す可能性が指摘されており、研究者達は倫理的な面でも議論を進めています。

軍事利用の可能性

アメリカ合衆国では、サイボーグ技術の軍事利用への研究もDARPAを中心にして活発に行われています。兵士の身体能力を大きく強化する、戦闘において手足を失った兵士に義手義足を適用することで素早い戦場復帰を可能とする、ブレイン マシン インタフェースの導入により戦闘機パイロットの脳と戦闘機のコントロール機能を接続することで、反応速度の向上を図る、などが考えられています。

他にも、小動物の脳を制御し、遠隔操作で偵察、自爆を行わせたりする動物兵器への応用や、ブレイン マシン インタフェースによる無人航空機、無人戦車などの無人兵器、軍事ロボットを遠隔制御する、などの研究も進められています。

フィクションとサイボーグ

フィクション作品サイエンス フィクションでは、しばしば好まれて用いられる概念のひとつであるが、日本では1970年代に入るまで、その概念は広く浸透していなかった。

SF作家の平井和正と豊田有恒がエイトマン 1963年のシナリオを巡り、作中にサイボーグを登場させるか否かでつかみ合いの喧嘩になりかけた時、側でおろおろしているスタッフのメモ書きに細胞具と書かれたのを目にして脱力し、喧嘩が収まったとのエピソードがあるほどで、その後サイボーグ009や仮面ライダーシリーズ、特に1970年代から1980年代にかけての作品群などで、ようやくサイボーグの概念が世間一般に広く浸透したといえます。

人間としてのアイデンティティを持った改造人間が殆どである。しかし、欧米では、ターミネーターなど生体の一部を単純な部品として使用したアンドロイドというようなキャラクターもサイボーグとして存在しています。

こういったフィクション作品では、単に超人を登場させるための理由付けである場合も多いが、人間性の喪失のほか最新技術と人間の調和という現代的な文学的、社会的テーマを人間なのか、機械なのかという極端な形で提示できることから、物語の主要テーマに関わる形で取り扱われることもまた多い。

ただ前述のロボコップも作中では、死亡した人間の臓器の一部を流用したロボット 人権を持たない装置として、またターミネーターもターミネーター2で学習により人間らしさを獲得していく途上が描かれるなど、この境界が持つ曖昧性を作中のエッセンスとして強調する作品も見られます。

フィクションとブレインマシンインターフェイス

ことさら航空機などの乗り物は、腕や脚のある動物や人間型の機械よりも構造が単純なため、乗り物などの機械装置を直接脳からの信号で操作しようという構想は、しばしば小説や映画などに見られます。

映画ファイヤーフォックスでは上記のブレイン マシン インタフェース技術によりパイロットと機体を接続し、手足を使うことなくパイロットの思考で操縦や機器の操作ができる新型戦闘機が登場する。また、劇場アニメ超時空要塞マクロス 愛 おぼえていますかでは、パイロットの神経系を接続するバトルスーツが登場する。TRPGメタルヘッドではパイロットとメカニックを直結し、機体の思考操縦を行うサイバーリンクシステムなども存在する。これらはパイロットの肉体を機械化したり侵襲機器を着けているわけではないが、その技術はサイボーグの基礎的なものとなっています。

また、タイトーのゲーム レイフォースシリーズでは、サイバネティック リンク システム 略称C.L.Sと呼ばれる技術が登場する。これはサイボーグの究極形ともいうべきもので、脳だけを攻撃機に組み込み、反応速度や加速、旋回の際の慣性力の問題を解決しています。ただ、作品中においても、倫理面の問題が指摘されています。同様の技術が映画 ロボコップ2にも登場しています。また、テレビアニメ UFOロボ グレンダイザーでは敵であるベガ星人は、捕縛した他の惑星人を同様の技術を使って惑星侵略の尖兵としている、桜多吾作版では地球侵略用の円盤獣には主人公の同胞のフリード星人の脳が組み込まれています。

まとめ

アンドロイド、サイボーグ、ロボットやAIが人間にとって身近になっていく可能性はあります。そうした未来が訪れたときを見据えて、少しずつ対応できるよう取り組みを進めることは必要でしょう。

▼エンタメイベント特集~
DMM GAMES
動画特集イベント案内ランキング
ゲームコレクション

▼オススメ案内~
年会費 無料 楽天カード
楽天ショッピングでお得にポイントを貯まる
↓↓↓


~記事カテゴリー~

エンタメイベント

エンタメイベント特集

アンドロイド探検隊

タイトルとURLをコピーしました