Androidアプリ開発 プログラミング スクール 種類 選び方 独学 スクールで学ぶ

Androidアプリを使ってアニメ、キャラクター、美少女、特撮、映画、ゲーム、芸能人といったような、ねんどろいど フィギュアでストップモーション動画を作る方法

初音ミクは、クリプトン フューチャー メディアから発売されている音声合成 デスクトップミュージック DTM 用のボーカル音源、キャラクターで、年齢16歳、身長158cm、体重42kgの少女のバーチャルアイドルです

動画見放題ch ライトは、映画やドラマをはじめ、人気アイドルイメージやバラエティなど様々なジャンルの中から厳選した5,000本以上の人気作品を月額550円で見放題の動画配信サービスです。

動画配信サイト特集

エンタメイベント情報

Androidアプリ開発プログラミングスクール

CodeCamp オンラインプログラミングスクール



▪アプリマスターコース

プログラミング未経験からスマートフォンアプリの開発に挑戦

このコースで身につくスキル
プログラミング経験0からスマートフォンで使えるアプリを作ります。
アプリ開発に必要な環境構築から開発方法まで、実際にアプリをいくつか作りながら学び、自作のアプリ公開を目指します。

▪学習カリキュラム

▪java_basic
Javaは大規模開発やAndroidアプリ開発に多く用いられるプログラミング言語です。Javaを用いたプログラミングの基本スキルを学びます。

▪android
AndroidはGoogle社が作った、スマートフォンを動かすための基本ソフトのことです。AndroidアプリはJavaを使ってプログラミングを行います。
Androidアプリ開発パーフェクトマスターを使用します。

▪swift
SwiftはApple社製品上で動作するアプリケーションの開発専用の言語です。iPhone、iPad、Mac上で動作するアプリケーションを作成することができます。

テックアカデミーオンラインプログラミングスクール



▪Androidアプリコース
1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくAndroidアプリ開発コースです。週2回マンツーマンでのメンタリング、毎日15〜23時のチャット レビューサポートで短期間でオリジナルのAndroidアプリを開発できるようになる学習プログラムです。あなたのオリジナルAndroidアプリをGoogle Playで公開することがゴールです。

▪こんな方にオススメです。

▪Androidエンジニアとして活躍したい社会人の方
忙しい社会人の方でも、平日の夜、休日を使って学習することで働きながらでもAndroidエンジニアに挑戦することが可能です。

▪スキルを身につけ周りに差をつけたい学生の方
これからの時代に必要なクリエイティブなスキル、ソフトウェアを作り出す力を身につければ、就職にも必ず役立ちます。

▪時間と場所にとらわれない働き方をしたい方
手に職をつけることで、クラウドソーシングなどを利用し在宅でも深夜の時間帯でも、自由な働き方を実現できます。

▪Androidアプリを開発して起業したい方
自分でAndroidアプリを開発してビジネスを始めましょう。起業家に必要な技術に対する知識も開発を通して身につきます。

▪AndroidアプリをGoogle Playに公開
期間内で4つのアプリを作り、オリジナルアプリをGoogle Playに公開します。 複数のデモアプリもあわせて開発することで、アプリの開発手法が身につきます。

▪短期間で結果を出すカリキュラム
あなたの現在の実力をもとに、もっとも効果的で無駄のないトレーニングメニューを設定します。パーソナルメンターのメンタリングとオリジナル学習システムで目標到達まで最短距離で進みます。

▪Kotlin
Androidアプリを開発する際に必要となるプログラミング言語 Kotlin を学び、コーディングする技術を身につけます。

▪Android Studio
Android向けアプリケーション開発用のデベロッパツールセットです。Androidアプリの開発からGoogle Playへの提出までこのツールを使って進めます。

▪Git/GitHub
バージョン管理システムのGitを学び、自分のソースコードをGitHub上で管理していきます。実践的なチーム開発での使い方に合わせて学んでいきます。

▪Firebase
Androidでアプリケーションが必要とするサーバ側の様々な機能をクラウド経由で扱える Firebase を学びます。データの保存やユーザー認証などが可能になります。

▼身につくスキル~
▪プログラミング言語 Kotlin の理解
▪Android Studioの使い方の理解
▪開発における問題解決のアプローチ
▪Web APIとの連携
▪Webサーバとの連携
▪オリジナルアプリの開発スキル

▼詳しくはこちら~
Androidアプリコース

プログラミングとは

プログラミングとはプログラムを作成しコンピュータに実行してほしい作業の指令を作ることです。人間の言語はコンピュータには理解できないため専用の言語に落とし込む必要があります。コンピュータが理解できるのは機械語だけです。機械語とは、コンピュータ内で数字の0と1の羅列で表現される言語です。コンピュータはこの2通りの数字で指令の内容を把握して実行します。0と1の羅列でしかない機械語を人間が読み書きすることは困難です。そんな機械語を少し人間の言語に近づけた言語がプログラミング言語です。プログラミング言語を使用して作られた指令書をプログラムと呼びます。

プログラムとは

プログラムとはコンピュータに実行してほしい一連の作業を順番に記載したもので、指定された順番に処理されていきます。料理のレシピのようなイメージで、プログラミング言語で記載されています。

プログラミング言語とは

プログラミング言語とは、人間とコンピュータの間でやりとりするための言葉です。日本語や英語で命令をしたとしてもコンピュータは理解することができないため、実行してほしいことをプログラミング言語に変換したうえで命令する必要があります。記述が少しでも間違っていると指示通りに動いてくれないのがプログラミング言語の特徴です。人間の言語とは異なり、基本的には細かい文法の間違いが許されません。ただし、最近のプログラミング言語は多少の間違いがあっても動いてくれたり、致命的な間違いであれば事前に指摘してくれるものが増えてきました。プログラミング言語には様々な種類があり、メジャーなものからマイナーなものまで合わせると200種類以上の言語が存在しています。プログラミング言語を用いることで様々なシステムやサービスを作ることができ、使用されるコンピュータの種類や作るものによって使用される言語が異なります。

Androidアプリ プログラミングの活用

スマホのゲーム、家庭用ゲーム、パソコンゲームなど、あらゆるゲームはプログラミングによって作られています。特に近年はスマートフォンが急速に普及したため、スマートフォン向けアプリゲーム開発は成長が著しい業界の1つです。Android向けかiOS向けかによっても、使用されるプログラミング言語が異なってきます。

Androidアプリの開発

Androidアプリの開発にはOSの種類は関係ないので、WindowsでもMacでも構いません。
必要なのはAndroidStudioというツールです。AndroidStudioとは先ほど説明したXcodeのAndroid版で、Androidアプリを開発するためのツールになります。
AndroidStudioは公式ウェブサイトで無料でダウンロードすることができます。
ただ、AndroidStudioを動かすにはそれなりに性能の良いコンピューターでないと動作しない可能性があります。
AndroidStudioの推奨環境はRAMが最低3GBで8GB推奨、さらにAndroidエミュレーター用に1GBです。
ディスクスペースは最低2GB以上で4GBを推奨、1280×800以上の画面解像度となっています。

ご自身で使用されているコンピューターの性能と比較してみましょう。

Androidアプリ開発 難易度

どの言語を使用するかによりますが、初心者がAndroidアプリの開発をすのは簡単とは言えません。
詳しくは後述しますが、Androidアプリで一般的に使われる言語であるJavaは習得難易度が比較的高いからです。iOSで使われるSwiftは新しい言語なので情報が少ないのが難点ですが、Javaよりも直感的で扱いやすい言語です。
iOSと比べるとAndroidアプリ開発の方が若干難易度が高いと言えます。しかし、最近では書きやすいと評判の Kotlin という言語がAndroidアプリ開発で使用できるようになったこともあり、今後は難易度が下がっていくことも考えられます。

Androidアプリ開発に必要な言語

Androidアプリは、Javaを筆頭に、JavaScrypt、C#、などの言語で開発することができますが、 習得言語は、Kotlin、Java です。

Java

Javaは世界中の基幹システムで使われているプログラミング言語です。
Androidアプリ開発でも利用しますが、業務システムでもよく利用されるため、Javaを習得することで幅広い業務のシステム開発を行うことが可能になります。

Kotlin

KotlinはJava言語と100%の互換性を保ちつつ、より簡潔にソースコードを書けるよう、現代的な言語仕様が多く取り入れられています。
2010年に開発が始まり、2017年にはAndroid開発用言語として正式サポートされた新しい言語のため、書きやすい文法であるよう工夫されています。

この二つがメインとなっています。

Javaは昔から長く使われているプログラミング言語で、Androidアプリ開発といえばJavaでしたし、今でも主流な言語です。難易度は比較的高いですが、守備範囲が広く人安定的に需要がある人気な言語です。

Androidアプリを開発したい人はまず勉強すべき言語と言えるでしょう。

一方で、今流行りなのがKotlinです。

こちらの言語は2011年に発表され、2017年にGoogleがAndroidアプリの開発言語に選定した公式言語です。Javaよりもコードが短く簡潔で書きやすく、Javaのコードを呼び出すこともできるので、今とても人気になっています。

現状はまだまだJavaがメジャーですが、今後Androidアプリ開発にはKotlinが主要になってくる可能性もあるので、将来性を考えるとこちらを習得するのもいいかもしれません。

まとめ

スマホのアプリを開発したいなら、新しいパソコンを買ったりツールを導入したりして事前準備をする必要があります。
事前準備が終わったら、ネットや書籍などを参考に開発を進めましょう。
わからないところがあれば誰かにすぐに聞けるような環境に身を置くといいかもしれません。
アプリをリリースするときは、AppleとGoogleで審査の厳しさが違うので、その点も考慮に入れてアプリ開発をしましょう。

▼エンタメイベント特集~
DMM GAMES
動画特集イベント案内ランキング
ゲームコレクション

▼オススメ案内~
年会費 無料 楽天カード
楽天ショッピングでお得にポイントを貯まる
↓↓↓


~記事カテゴリー~

エンタメイベント

エンタメイベント特集

アンドロイド探検隊

タイトルとURLをコピーしました