Androidアプリとは 特徴 アプリ開発 難易度

Androidアプリを使ってアニメ、キャラクター、美少女、特撮、映画、ゲーム、芸能人といったような、ねんどろいど フィギュアでストップモーション動画を作る方法

初音ミクは、クリプトン フューチャー メディアから発売されている音声合成 デスクトップミュージック DTM 用のボーカル音源、キャラクターで、年齢16歳、身長158cm、体重42kgの少女のバーチャルアイドルです

動画見放題ch ライトは、映画やドラマをはじめ、人気アイドルイメージやバラエティなど様々なジャンルの中から厳選した5,000本以上の人気作品を月額550円で見放題の動画配信サービスです。

動画配信サイト特集

エンタメイベント情報

Androidアプリとは

Android appsからオペレーティングシステム OS のアンドロイドを搭載するモバイル端末向けに作成されたアプリケーションソフトです。スマートホンやタブレット型端末のほか、同OSに対応したデジタルカメラなどで利用でき、あらかじめ端末にインストールされているほか、Google Playから入手できます。

Google Playなどからダウンロードするアプリは、ネイティブアプリと呼ばれます。ネイティブアプリは、狭義ではCPUが直接解釈できる言語 機械語 ネイティブコードで記述されたプログラムを言いますが、Androidの場合はJavaという言語で記述され、実行時 JIT Just In Time コンパイラの働きによりネイティブコードへと変換するケースが一般的です。ネイティブコード並みのパフォーマンスを実現できるため、Javaアプリか狭義のネイティブアプリかを意識することはありません。

Webブラウザ上で実行されるプログラムは、Webアプリと呼ばれ、ネイティブアプリとは明確に区別されます。その性格上、実行前にサイトへサインイン、ログインを求めることがほとんどです。ネイティブアプリは実行時にインターネット接続がなくても動作可能ですが、実行するつどWebサイトにアクセスしプログラムを読み込むWebアプリの場合、インターネット接続は必須です。

ネイティブアプリは、基本的にすべての処理がAndroid端末上で完結します。そのため実行パフォーマンスは端末の処理性能に依存します。Webアプリの場合、プログラムの演算処理の多くはWebサイト側で実行され、Android側は主に描画とデータの入出力を担当するため、高性能な端末でも処理が遅いケースが発生します。

Google Playからダウンロードする体裁はとりつつも、ネイティブコードで記述されているのはボタンなどユーザインターフェイス部分のみで、表示する内容はWebアプリと同じでインターネット上のコンテンツに依存するハイブリッドアプリも存在します。

Androidアプリの特徴

Androidアプリの開発傾向は、需要が増えています。
PC用、スマートフォン用アプリの開発案件は増えていて、分野、業種、用途を問わずさまざまな物が開発されています。
iOSと比較するとAndroidアプリは、比較的審査基準が緩いといえます。

Androidアプリの開発難易度は、初心者でも取り組みやすいといわれます。
アプリ開発の難易度は低めで、初心者でも勉強しながら開発を始める人が増えています。

IT技術の発展と共にITエンジニアを志す人も増えていて、スマートフォンを活用したアプリ開発を志す人は多いです。プログラミング初心者でもAndroidアプリ開発を目指す事は可能です。

Androidアプリは作れる

Androidアプリでは、スマートフォンのアプリを開発することができます。
主にGoogle playで配信され、ソーシャルゲーム以外にも、ビジネス用アプリとして利用され、様々な企業がアプリケーション開発を進めています。
iOSアプリと同じものを作ることができますが、デザインなどが変わります。
Androdアプリはリリース時の審査がiOSアプリに比べて敷居が低く、リリースしやすいというのも特徴です。

Androidアプリ開発の難易度

どの言語を使用するかによりますが、初心者がAndroidアプリの開発をすのは簡単とは言えません。
詳しくは後述しますが、Androidアプリで一般的に使われる言語であるJavaは習得難易度が比較的高いからです。iOSで使われるSwiftは新しい言語なので情報が少ないのが難点ですが、Javaよりも直感的で扱いやすい言語です。
iOSと比べるとAndroidアプリ開発の方が若干難易度が高いと言えます。しかし、最近では書きやすいと評判の Kotlin という言語がAndroidアプリ開発で使用できるようになったこともあり、今後は難易度が下がっていくことも考えられます。

Androidアプリ開発に必要な言語は?

Androidアプリは、Javaを筆頭に、JavaScrypt、C#、Kotlinなどの言語で開発することができますが、2019年現在では、Java、Kotlin この二つがメインとなっています。

Javaは昔から長く使われているプログラミング言語で、Androidアプリ開発といえば Javaでした、今でも主流な言語です。難易度は比較的高いですが、守備範囲が広く人安定的に需要がある人気な言語です。

Androidアプリを開発したい人はまず勉強すべき言語と言えるます。

Androidアプリ開発の流れ

ソフトウェア開発にはさまざまな手法があります。選択した手法によって開発の進め方は変わってきます。

アプリの企画を立てる

これから開発しようとするアプリについての企画を立案します。

企画立案の段階では、アプリを開発する目的と主要なターゲットを明確にした上で、これから開発するアプリの概要を固めます。

また、この段階でアプリ開発にかけられる予算や、開発、運用に充てられるリソース 人や機器についても明確にし、今からやろうとしていることの実現性、費用対効果などについても検討しておくことが大切です。

アプリを設計する

どのようなアプリを開発すべきかが明確になったら、その内容をもとにアプリの設計書作成、設計を行います。

設計書があれば複数の開発者の間での意思疎通がスムーズに行えます。リリース後、当初の開発者が異動や退職で担当を外れてしまうことになったとしても、設計書さえ残っていれば引き継ぎによるリスクを低減させられます。

アプリを制作する

設計が完了したら、実際にアプリを制作する、プログラミングの工程に入ります。

Androidアプリの開発には、Googleが提供するAndroid Studioという専用の開発環境を使用します。Androidアプリの開発に必要な様々なツールやプログラムの部品が、このAndroid Studioの中に一通り含まれます。

Androidアプリは基本的にはJavaというプログラム言語を使って制作します。Javaは1995年に開発されてから20年以上もの歴史を持つ安定した言語で、一般的なデスクトップアプリやWebアプリのほか、携帯電話や家電製品などに組み込むコンパクトなプログラム アプリの開発にも利用することができます。

強力で長い伝統を持つプログラム言語ですが、度重なる仕様変更によってやや複雑な仕様が追加され、習得の難易度が上がってしまいました。

このため、最近ではKotlinという言語を利用してAndroidアプリを開発する人も現れ始めています。KotlinはGroovyやScalaなどと同じJVM言語と呼ばれるプログラム言語で、Javaよりも簡単なプログラムコードでJavaと同じプログラムをつくることができます。

Kotlinで書いたプログラムを専用のツールで翻訳コンパイルといいます。Javaと同じ環境の上で動くプログラムに変換されるのです。

アプリをテストする

アプリの制作が完了したら、テストを行います。
ビジネスで利用するアプリの開発において、テストは必要不可欠な作業です。個人向け、あるいは社内で利用するごく小規模なアプリであれば、ちょっとした動作確認を行う程度で許される場合もありますが、不特定多数の人にダウンロードされるアプリに対して、そのような姿勢は通用しません。設計通りに作られているか、プログラムに間違いはないかを確認しておく必要があります。

Androidアプリの場合、インストール先となるスマホの機種やAndroidのバージョンなどによって動作が不安定になる場合があり得るため、そのあたりも念入りにテストを行う必要があります。

アプリをリリースする

開発したアプリが無事すべてのテストに合格したら、リリースします。

iPhoneアプリはリリース前にAppleによる厳格な審査がありますが、Androidの場合はGooglePlay上から比較的簡単にリリースすることが可能です。

GooglePlay上にアプリをリリースするためには、前半でご紹介したGoogle Developersのアカウントが必要です。アカウントの登録は、Google PlayのDeveloperアカウント登録ページから行えますが、登録にはGoogleアカウント、クレジットカードと登録料が必要です。

アカウント登録が完了したら、Google Play上にアプリをアップロードできるようになります。アプリは関連ファイルをAPK形式と呼ばれる専用の形式にパッケージした上でデジタル署名を付け、Google Playの専用ページからアップロードを行います。

アプリを運用する

Google Play上にアプリが公開されれば、Androidアプリのリリースは完了です。
アプリは開発し、リリースしただけで終わりではありません。アプリの機能や性質によっても異なりますが、リリース後の不具合対応や機能改善、アップデートプログラムの配信など、様々な作業が待ち受けています。

リリースしたアプリをきちんと使える状態に保つための一連の作業をアプリ開発に着手する際は、リリース後の運用までを念頭に入れて計画を立てておくことをおすすめします。運用体制の不足などから、満足なサービスを提供できずに終わっては、せっかくかけたコストが無駄になってしまいます。

Androidとは

Androidとは、Googleが開発した携帯汎用オペレーティングシステムです。Linuxカーネルやオープンソースソフトウェアがベースで、主にスマートフォンやタブレットなどのタッチスクリーンモバイルデバイス向けにデザインされています。PC用にはAndroid-x86、テレビ用にはAndroid TV、自動車用にはAndroid Auto、ウェアラブルデバイス用にはWear OSがあります。世界一のシェアを持つモバイルオペレーティングシステムであり、20億人を超える月間アクティブユーザーがいます。

Googleアシスタント何ができる?

Google アシスタントは、テキストや音声でのさまざまな問いかけにAIが答えてくれます。

Google アシスタントを使ったことがありますか?Googleが開発した多機能で優秀なAIアシスタントで、スマホに OK Googleと呼びかけ、音声入力すれば、電話やメール、SNSの送信、検索、計算、天気、スケジュールやタスクの管理、動画や音楽の再生などさまざまなことができます。

毎朝のニュースやスポーツもチェックしてくれます。OK Googleと呼びかけて、サイトにアクセス、自分の見たい情報を検索してくれます。
また、人によっては、使い方は様々ですが、スマホに話しかけるだけであらゆる情報を調べたり、お手伝い、勉強や学習などもできる最高のAIアシスタントでスマホのパートナーです。

まとめ

IT技術の発展と共にITエンジニアを志す人も増えていて、スマートフォンを活用したアプリ開発を志す人は多いです。

初心者でもAndroidアプリ開発の難易度は低めで、勉強しながら開発を始める人が増えています。

▼エンタメイベント特集~
DMM GAMES
動画特集イベント案内ランキング
ゲームコレクション

▼オススメ案内~
年会費 無料 楽天カード
楽天ショッピングでお得にポイントを貯まる
↓↓↓


~記事カテゴリー~

エンタメイベント

エンタメイベント特集

アンドロイド探検隊

タイトルとURLをコピーしました